人間性を磨き、年間MVPに輝く

人間性を磨き、年間MVPに輝く
経歴
 2021.04 | STAR CAREER新卒入社
 2021.04 | auショップ配属
 2022.02 | D-POPSへ転籍
 2022.04 | 店長就任
 2022.10 | 併売店へ異動

現在の仕事内容

現在は併売店にて、店長を務めています。

フロアマネージャーとして店舗全体の状況を把握し、メンバーへ指示を出したり、自分が接客に入ったり、柔軟に動けるようにしています。

また、店舗メンバーにはそれぞれ役割を与えているので、空き時間には一人ひとりと面談しながら個別に進捗確認をしたり、今後のアクションを一緒に考えたりしています。


一日のスケジュール

● 09:45 : 朝礼・オープン準備

● 10:00 : タスク確認

● 11:00 : 接客・対応

● 13:00 : 休憩

● 14:00 : 接客・対応

● 18:00 : 店舗メンバーと面談

● 19:00 : クローズ・退勤

入社理由

僕は2021年にグループ会社のSTAR CAREERに新卒で入社し、D-POPSが運営しているauショップの配属となりました。

その当時の店長から、努力することの大切さや、その先に何があるのかを教わっていくなかで、「自分も店長みたいな人になりたい」と思ったことが転籍のきっかけでした。

当時の店長以外にも、D-POPSにはとても熱量の大きい人が多く、向上心の高い人がたくさんいる環境に飛び込むことは自分にとって最適な選択だと思ったので、転籍を決意しました。

No.1になれた理由

グループ会社に新卒で入社したときから、「どうせやるなら一位になりたい」と思っていました。

同期の中にはインターンをしていたメンバーもいたので、とにかくまずは知識をつけないといけないと思い、毎朝誰よりも早く店舗に行って予習をしたり、閉店後も先輩にお願いしてロープレのフィードバックをしてもらったり、一番実績を出している人の接客トークを録音して帰りの電車で繰り返し聞いたりなど、できることはなんでもやりました。

誰よりも努力をしてきたことが自分の自信となり、次第に結果にもつながっていったんだと思います。

失敗経験から学んだこと

auショップにいたときに、「一位を取りたい」という想いが強すぎるあまり、店舗のメンバーを疲弊させてしまったことがあります。

自分だけならまだしも、メンバーに対してもストイックさを求めてしまい、一時的には成果が上がったものの、次第にメンバーの士気が低下し、店舗の成績も下がってしまいました。

「このままじゃいけない」と思い、何がいけなかったかを考え抜いた結果、一番の問題は“自分自身のメンバーに対する向き合い方”であることに気づきました。

僕は一番になって注目されたいと思っていたので、仕事で実績を出すために努力することは好きでやっていましたが、当然ながら全員が僕と同じ価値観を持っているわけではないので、メンバー一人ひとりがどんな風に仕事をしたいのか、どんな人生にしていきたいのかをしっかり聞いて、それに対して自分ができることをやっていこうと思うようになりました。

ちょうどそのタイミングで併売店への異動があったので、この失敗経験を無駄にしないよう、店舗メンバーにベクトルを向けることを意識してマネジメントを行った結果、メンバーも周りに対してベクトルを向けるようになり、それがお客様満足度の高い接客につながったことで、最終的には社内の年間MVPを獲得するほどの実績を出すことができました。

仕事において実績はもちろん大事ですが、何よりもまず、自分の人間性を磨き、周りの人のために仕事をすることが一番重要だと学びました。

仕事のやりがい

「この店舗にきてからより一層やる気がでました!」「店長のおかげで一番になれました!」と言ってもらえたときはとてもうれしいです。

自分が関わったメンバーの仕事に対する姿勢が変わり、それぞれの人生がよりよい方向に進んでいる実感があったときにやりがいを感じます。

覚悟しておいたほうがいいこと

通信業界はとにかくスピード感が早いです!

新しい機種・プラン・サービスが続々と出てきたり、さまざまな法改正があったりと、常に変化がある業界なので、それをお客様にタイムリーに伝えられるように常にアンテナを張って学び続ける姿勢が求められます。

今後のビジョン

直近の目標は、サブマネージャーになることです。

役職が上がれば視座も上がり、今まで見えなかった選択肢が見えるようにもなるので、あえて長期的な目標設定はしていません。

なので、まずはこの目標を必ず達成できるように全力投球していきます。

メッセージ

僕自身、身をもって感じているのが、自分の人生は“自分次第でいくらでも変えられる”ということです。

決して楽な環境ではありませんが、「自分の人生を完全燃焼させたい!」と思う方は、是非一緒にD-POPSのステージで、自分の未来を創造していきましょう!